ヘンデル何でも掲示板

ヘンデルおよび関連の話題・質問など、楽しく情報交換しましょう♪
親記事を表示すると、上に「返信」ボタンがあります。
新しく話題を出す時は、「新規投稿」から書き込んでください。
[ HOME一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]


[913] オペ対【セルセ】第2幕 Name:REIKO HOME Date:2014/01/31(金) 20:53 [ 返信 ]
<第1場>
アマストレ
non mi lasciate ancor.まだ私を「捨てないで/置いて行かないで」の方が原文に忠実です。

エルヴィーロ
Ma se del foglio poi sapesse il re?
「もし万が一王様が後で手紙のことを知ったとしても」
★前文が条件法現在、この文が接続法半過去になっていて、あり得ない(と思っている)仮定を立てて、推量しています。ただし普通とは逆に、条件節が後になってますね。
王宮に持ち込まれた手紙のことが王にばれても、自分がが手先だったとまでは分からないだろう…という意味でしょう。「?」がついてるので、若干自信がないのでしょうけど(笑)。ここの「Ma」は強意です。
pianti e sospiri al vento spargera
★「風に向かって」→「あてもなく/虚しく」piantiとsospiriをspargere(流す/こぼす/放つ/撒き散らす)しているだろう

アマストレ
dico a te 「私はお前に話してるんだ」→「話を聞け」
vorrei saper di chi? 「誰と(結婚する)/誰の(花婿になるの)か知りたいのだが」
Perche m'uccida il duolo mancava solo esser tradita ancora.
★直訳「嘆きが私を殺すためには、さらに(もっと?)裏切られることだけが不足していた」(←過去においてそのような状態が継続していた)で、現在不足しない状態になったかどうかは明確にしていない表現なので、う〜〜ん…
エルヴィーロから全て聞いたわけではなく、アマストレにとってはまだ不確かなことも多いので、「もう少しで死にそうだ、その一歩手前」という気持ちを言ってるのだと思います。
Or che siete speranze tradite
「希望よ、おまえが裏切られたからには」
★ora che〜 「〜した今では/〜したからには」
si, fuggite, fuggite da me.
「そう、逃げるがよい、私から逃げるのだ」(命令文です)
★場の冒頭で希望に対して「non mi lasciate ancor」と願っていたのが、今や私から離れていってもいい…と歌っています。
E in quest'anima oppressa dal duolo
「そしてこの悲しみに抑えつけられた心の中に」
resti sola la bella mia fe.
「私の美しい誠実さだけが残るように」
★三人称に対する命令文。裏切られたとしても、自分はまだ相手を思っている気持ちですね。

<第2場>
アタランタ
A piangere ogn'ora amor mi destina.
直訳「愛は私にいつも泣くように運命づけている/定めている」
Tu quivi? 「あなた、こんな所に?」
Guarda bene... 「よく見て」→「気をつけて」
★相手に対する命令文。宮廷から追い出されたエルヴィーロがこんな所で花売りの格好をしているのを、驚きと同情で見ているのでしょう。

エルヴィーロ
Glielo darete poi? 「その後彼女に(手紙を)渡してくれますか?」

アタランタ
Si! 「もちろん!」
scrivendo al re 「王様に手紙を書いているわ」
★scrivendo<scrivere これだけで「手紙を書く」という意味になります。
Ch'in lui spera, in lui vive.
直訳「(彼女は)彼を信頼し、彼の中に生きると(書いています)」

エルヴィーロ
E d'Arsamene? 「じゃ、アルサメーネ様のことは?」

アタランタ
Punto non si sovviene.
「全く心に浮かんでいない」→「これっぽっちも気にかけていない」

エルヴィーロ
Ah! tigre infedele! 「ああ!なんと不実な虎!」
★いきなり「虎」っていうのが変ならば、「とんでもなく」「恐ろしく」などで言い換えてもいいかと。

*******************
この第一場・二場を通じたエルヴィーロの話し方は、相手との対話でなく独り言のように言っているセリフと、アタランタに正体を知られた後以外は、「活用すべき動詞が原形のまま」で「questa→chista」や「Non→Nu」のような方言と思われる言葉が使われています。
彼は外見だけでなく言葉でも「変装」してるわけですが、そのやり方が露骨過ぎて、正体を隠してるつもりがかえって怪しすぎ、可笑しい印象。
今の訳だと彼のこの部分が女言葉みたいになっていて、それを反映してるかと思われますが、もっとハッキリやってもいいと思います。
どっか田舎の(と言ったら悪いですが)方言風とか、ふなっしーみたいに特定の語尾を付けるなどですね。 例えば───

お花は、お花はいらんかにゃぁ〜〜

ロミルダっちゅう娘がいてのォ
王様が嫁っこにしたいと言っとるがの

…など、何か笑えるようなのをぜひ期待します。(^ ^;)
★オペ対「カヴァレリア・ルスティカーナ」では、冒頭のシチリア方言が南の島つながりで熊本弁風に訳されています。


[914] RE:オペ対【セルセ】第2幕 Name:トラジメーデ Date:2014/02/01(土) 09:21
REIKO様、ありがとうございます。
>どっか田舎の(と言ったら悪いですが)方言風とか、ふなっしーみたいに特定の語尾を付けるなどですね。 
>…など、何か笑えるようなのをぜひ期待します。(^ ^;)

もう一つのテンプレートにはト書きに
「e parla la lingua franca. 」とありますが、そういうことなんですね^^
では、エルヴィーロにはアキバあたりでネコ耳つけてる感じで花を売ってもらいましょう
(スベりそうだけど)


[915] RE:オペ対【セルセ】第2幕 Name:REIKO HOME Date:2014/02/01(土) 17:41
>もう一つのテンプレートにはト書きに「e parla la lingua franca. 」とありますが

あ〜、ほんとだ、そうですね!(今確認しました)
この工夫は、ロンドンの観客には分からなかったでしょうが、イタリア人なら「変な言葉で喋ってる〜!」と、クスクス笑いながら見ると思います。
ただし「E chi direbbe mai〜」など独り言風の箇所は、真っ当なイタリア語で、そこへ第三者が来ると、急に話し方が変わるんですよ。(笑)

アマストレと話す箇所は、二人とも宮廷で知っている間柄なのに、どちらも変装しているので分からない…という滑稽な場面ですね。

>アキバあたりでネコ耳つけてる感じで

はい〜、期待しています♪ (^-^)


[916] RE:オペ対【セルセ】第2幕 Name:REIKO HOME Date:2014/02/03(月) 16:50
エルヴィーロの猫耳言葉、笑いました〜(^-^;)
それで、アタランタの「Tu quivi? O sventurato!Guarda bene... Che porti?」の後は、正体が明かされているので、動詞はちゃんと活用しており普通の言い方に戻っています。
最後の花売りの言葉は、そのまま猫耳でOKですが。

<第3場>
セルセ
E tormento troppo fiero, l'adorar cruda belta.
「あまりにつらい/残酷だ つれない美女に熱を上げることは」
Saran forse amorosi? 「たぶん恋の密事であろう?」
★amorosiはarcani(秘密)にかかっています。前の二行を、「アタランタ、その手紙の内容を教えてくれないか?」などとすれば、「密」の字が重なるのが防げます。

アタランタ
E ver; ma strani. 「その通りです、でも(内容が)奇妙なのです」

セルセ
「ますます知りたくなったな/興味津津だな」

アタランタ
Deh, seconda l'inganno, o ignudo arciero!
直訳「ああ、計略の手助けをして、裸のキューピッド(愛の神)よ!」
Vi sdegnate? 「お怒りでしょうか/憤慨なされますか?」

セルセ
Strana avventura! 「珍奇な企てだ!」「変わった恋だな」など。
★avventuraには「恋愛事件」の意味もあります。アタランタの説明した、回りくどく手の込んだ愛の作戦を皮肉っているのでしょう。
Godi si mio core!
★動詞の活用が文法的に変なのですが、「これは面白くなってきたぞ」などとすれば、前と上手くつながるかと。

アタランタ
se l'approvate, che pubblico imeneo lo faccia mio.
「お許しいただけるなら、彼と私の結婚を公にしてくださいますよう」

セルセ
Bella, faro, che sia o vostro sposo o preda all'ira mia.
「美しい女よ、そうしてやろう  彼はお前の夫となるか余の怒りの犠牲になるか(どちらか)だな」
★Bellaはアタランタに対する呼びかけですが、無理に訳出しなくても「よし、そうしてやろう」くらいでいいかもです。

アタランタ
che amor per me piagato il cor non gli ha.
「私への愛が彼の心を傷つけたことなどないと」→「私を愛するあまり心が傷ついたことなどないと」
★過去の文です。最初の訳だと意味が分かりにくいので、言い回しを工夫したらどうでしょうか
Bella frode, se giova! 「もし上手く行けば、計略は成功よ!」
Ma vi ricordo... 「ですがお忘れなく」
che non m'amo, 「私を愛したことなどないと」
che mai per me langui.  「一度も私に恋やつれなどしてないと」
★どちらも過去です

**************

一応(笑)セルセは王なので、アタランタはもう少し丁寧な言葉遣いがいいかと思います。内心では「バカ王」と思ってるわけですから、慇懃無礼に振舞っている感じで。

このテンプレにはセルセが読む手紙の内容がありませんが、無いと分かりにくいので、別テンプレにあるものを追加挿入しませんか?
私の手元のブックレットにも、その部分がありますし、これがまた妙に古文風の格調高い手紙文で、かえって可笑しいんです…^^


[917] RE:オペ対【セルセ】第2幕 Name:トラジメーデ Date:2014/02/04(火) 21:52
REIKO様、ありがとうございます。

>このテンプレにはセルセが読む手紙の内容がありませんが、無いと分かりにくいので、
>別テンプレにあるものを追加挿入しませんか?
ここ、ずっと気になってたんですよね。私の手許のCDはどちらともないし、
ルセのDVDにもたしか無いですよね。だからヘンデルの曲に本来ないのが
オリジナルの台本から紛れ込んでいるのかなと勝手に思ってました。
でも、REIKO様のブックレットにはあるし、そのほうが分かりやすいということならば
ぜひ入れましょう。(拙訳はちょっと待って・・^^)


[918] RE:オペ対【セルセ】第2幕 Name:REIKO HOME Date:2014/02/04(火) 22:56
手紙の部分、手元のマギーガン盤ではセルセ役の歌手が「読んでいる」だけなんです。つまり、ヘンデルは音楽をつけてないんでしょう。だからカットされやすいのだと思います。
でもこの手紙の内容をめぐって策略や騒動がおこる(笑)ので、普通に筋を追っていけば誰しも「はて?何が書いてあったんだろう?」と思うはずです。
セルセも言っているように「ますます興味津々」になりますよね。

トラジメーデさんのお手元に英訳がなければ、訳しにくいでしょうから、私がこの掲示板に大体訳を書くので、それを参考にしていただいても結構ですよ。


[919] RE:オペ対【セルセ】第2幕 Name:REIKO HOME Date:2014/02/11(火) 21:17
<手紙の内容>
Allorche nell'lbero ascoso e il sole verro notturno
「イベロの流れに太陽が沈んだら 私は宵闇の中 行きましょう」
★Iberoが何だか良く分からないのですが、手元の英訳では「streams of Ebro」で、川の名前でしょうかね…
ove talor mi suole il raggio balenar di nostre stelle
「時に我らの星がきらめき 私に輝くあの場所に」
Ivi a dispetto di maligna sorte,
「そこで(私は)悪しき運命をも差し置いて」
★a dispetto di →「〜を無視して」
☆この手紙に使われている言葉は、「古語」「文語」が目立つので、そのような調子で訳文を作ると、他との対比が効いて面白いと思います。

<第4場>
セルセ
Ne vi sdegnate? 「それでも腹が立たぬか?」
Alla sua cara Atalanta, sapete gia,「やつの可愛いアタランタにだ、お前も知っている通り」
io non mento. 「余は嘘をついてないぞ」
★sapete gia は前の句に付いていると思います
Se ben fiero v'inganno? 「彼がおまえを酷く騙していたとしてもか?」
★se ben→sebbene「〜にもかかわらず」

Se bramate d'amar, chi vi sdegna,
「おまえが おまえを嫌う者を熱望するのなら」
vuo sdegnarvi, ma come non so
「余もおまえを嫌いになりたい、だがその方法が分からない」
La vostr' ira crudel me l'insegna
「おまえの残酷な嫌悪(←セルセの愛を冷たくはねつけていること)が余にそれを教えてくれる」→「おまえの冷たい態度が良いお手本だ」
★iraはここでは「憎しみ・嫌悪」
tento farlo e quest'alma non puo
「余はそれを試みようとしても、我が心にはどうしてもできないのだ」

<第5場>
ロミルダ
Godete di mie pene...「彼ら(あの人達)が私の苦痛を楽しんでいるなんて…」
Barbara! Menzognero!
★それぞれ形容詞が女性形・男性形なので、「下衆女!嘘つき男!」などとしては?
Ma voi, che delirante me ascoltate
「でも取り乱す私の言葉を聞いているあなた方は」
forse saper bramate 「たぶん知りたくてしょうがないでしょう」
la mia furia crudele ora chi sia?
「今やこの私の辛い怒りが何者なのかを」→「今私を苦しめているこの怒りの正体を」
★…と言って、それが「嫉妬」だとアリアにつながります

E gelosia quella tiranna, che tanto affanna l'anima mia.
★強調構文だし、さらにレチからのつながりを考えて、例えば
「その名は嫉妬 それは情け容赦なく 私の心を 激しく痛めつける」のようにしたらどうでしょうか?
m'aspersa il seno 
★aspersa→asperseです <aspergere 「(液体で)濡らす、(水などを)そそぐ、振りかける」
「(嫉妬は)その毒を 私の心に注ぎ込み」
e mi condanna a pena ria.
「私に悪意に満ちた苦悩を押し付けるのよ」

<第6場>
アマストレ
m'uccida questo ferro.「この剣が私を殺してくれたら(いいのに)」
Via su
★これちょっと不明確ですが、「ああ、そうだ」など何か決心した時のようで、次の言葉に続きます。
a quell'alma crudel corriamo a dire
「あのつれない心(自分を裏切ったセルセのこと)に 急いで言ってやろう」

tu m'uccida 「私を殺してくれたら」


[920] RE:オペ対【セルセ】第2幕 Name:トラジメーデ Date:2014/02/15(土) 09:39
REIKO様、ありがとうございます。
関東は二度も大雪が来てたいへんですね。
私は帰省などして、しばらくさぼってましたがまたがんばります。


[921] RE:オペ対【セルセ】第2幕 Name:REIKO HOME Date:2014/02/15(土) 21:02
>関東は二度も大雪が来て
ご心配ありがとうございます。今年は異常ですね…
私は新潟生まれ&育ちなので、雪道歩くのとか慣れてるんですが(笑)、まさか関東で暮らしてて一冬に二度もこんな大雪に見舞われるとは、思ってもいませんでした。

<第7場>
アルサメネ
Di nera infedeltate
★「真っ黒な嘘」という言い方は日本語として少し変に感じます。「真っ赤な嘘」なら分かりますが…
nera<nero「ひどい、悪意のある」、infedeltate「不誠実、不忠、背信行為」なので、う〜〜ん…「とんでもない裏切り」「ひどいでっち上げ」とか?
Ma, non bene intendesti?
直訳「おまえは良く理解してなかったのでは?」
★過去の文です。「何か間違えたんじゃないのか?」というニュアンスですね。

エルヴィーロ
Che volete di piu? 「これ以上 何をお望みで?/何をお知りになりたいと?」

アルサメネ
O di tigre crudel core piu fiero!
「残忍な虎以上に酷い心根だ」
★自分を裏切ったロミルダの心のことを言っています

Quella che tutta fe per me languia d'amore,
「私に貞節のすべてを捧げ 恋に身を焼いた女が」
no che piu mia non e, 「もう私のものではない」
perduto ho il core. 「私は 絶望した/虚しい心を持っている」→「私の望みは絶たれた/虚しい我が心よ」など。
Non sa col suo rigore punir chi reo sen va di tanto errore.
「(天は)大きな過ちを犯した不道徳者を 厳しく罰することはできないのか」

<第8場>
ト書き
vascelli 
★三本マストの戦闘用帆船…と辞書にあるので、単に「船」ではなく「軍用帆船」などとしたらどうでしょうか。

合唱
La virtute sol potea giunger l'Asia all'altra riva.
「La virtuteのみが アジアと対岸を結びつけることができた」
★過去(「半過去」という、過去の継続状態を表す時制)の文です。「La virtute」は「美徳/勇気/力」など色々考えられます。

セルセ
Del mare ad onta e sin del vento infido
「海の上、当てにならぬ風にもかかわらず」
Pria della terza aurora  「三日後の夜明け前に」

<第9場>
アルサメネ
chi mi svena per pieta? 「誰か私を血まみれにしてくれないか、お願いだ」
sol per scordarmi, che fratello mi siete.
(solを訳出して)「ただあなたが兄であることを忘れるために」

セルセ
Voglio sposarvi al bel, che v'innamora
「おまえにはおまえを愛するあの美しい女と結婚してもらいたい」
So di qual fiamma ardete.
「おまえがどんな情熱に燃えているか知っているぞ」→「おまえが誰に熱を上げているか知っているぞ」

アルサメネ
Ed or che lo confesso? 「では今 私が白状するのですか?」
E io di chi? 「では私は誰の?」

l'ombre orrende 「恐ろしい 亡霊/幽霊/(地獄の)霊魂」
★「影」ではおとなしすぎる気が…
Cocito 「冥府の川から」などとした方が分かりやすいと思います

<第10場>
セルセ
e voi lasciate di soffrir tante pene, e non l'amate.
「おまえも思い煩うのはやめて 彼を見切るんだな」

アタランタ
Voi mi dite, che non l'ami,
「陛下は(私に)おっしゃいます、彼を愛するなと」
ma non dite se potro.
「でも私にそうできるか、とはおっしゃいません」
Troppo belle son le stelle, ch'al suo volto in ciel dono.
「天が彼の顔に贈ったその瞳は 美しすぎるほどで」
Troppo stretti (toroppo sono) quei legami onde amor m'incateno.
「余りに強い愛の絆が 私をきつく捕らえて離さないのです」
★カッコ内がテンプレでは落ちています

セルセ
Saria lieve ogni doglia,
「どんな苦しみも軽くなるのだろうな」
se potesse un amante amar e disamar sempre a sua voglia.
「恋する者がいつも意のままに 愛したり嫌ったりできるものなら」
★実際には不可能な仮定を立てている表現です

se godera in amore, saper ancor non puo.
「愛のうちに喜べるのか(どうか)  まだ知ることができない」→「愛が実るか否か 見通すことができない」
Lo chieggio alla mia speme, ella mi dice si,
「それを我が希望に尋ねると (彼女=希望は)『はい』と言うが」
ma poi freddo timore sento che dice ≪no≫.
「次に冷淡な恐れが『いいえ』と言うのが聞こえる」
★ellaは女性名詞spemeを指しています
★恋している時の心の揺れをうまく表現している歌詞ですね。(^ ^;)


[922] RE:オペ対【セルセ】第2幕 Name:トラジメーデ Date:2014/02/16(日) 20:34
REIKO様、ありがとうございます。
第10場がちょっとはずしてましたね。修正しておきます。


[923] RE:オペ対【セルセ】第2幕 Name:REIKO HOME Date:2014/02/19(水) 16:46
<第11場>
エルヴィーロ
No, ch'io non vedo, no. 「いや、(彼が)見えないからな、違う」
son restato all'oscuro 「暗がりに取り残されている」
si spezza il ponte,  「橋が壊れる」
a te, fa cor, gambetta 
★ここ難しいですが、悪天候で橋が壊れそうな状況下、早く逃げ出したくて自分の小さな(短い?)足にハッパをかけている言葉だと思います。
「ほれ、頑張って走るんだ」など。
Perche nemico al mio temperamento e l'acquoso elemento.
「なぜなら俺の気分を害するのは 水みたいなやつだからな」
★橋から落ちるとか雨が降ってきて濡れるのはゴメンだ…という心境でしょうね。それがお酒なら嬉しくても。

il buon vin (sin nel zodiaco)
「でも旨い/上等な ぶどう酒なら」
★sin<sino  sino nelで「〜の中まで」

<第12場>
セルセ
「嫉妬はおおいな苦しみだ」→「おおいなる」ですよね?
アマストレ
Lo sa il mio cor piagato 
(Loを訳出して)「傷ついた私の心はそれを知っている」
... schernita e l'alma mia.
★「あざ笑われた」が日本語として違和感あるので「愚弄された」「馬鹿にされた」「騙された」などはどうでしょうか
Perche non vuo servir senza merce.「褒美/報酬もなしに仕えたくありませんので」

<第13場>
ロミルダ
Val piu contento core, che quanto il mondo aduna.
「満ち足りた心は 世界の全て(を合わせたもの)よりも 尊いのです」
Piu vai(←iでなくl) un ben d'amore, che cento di fortuna.
「ただひとつのしっかりとした愛は 百の幸せ/幸運よりも尊いのです」
★val<valere「尊い/優れている」
Lasciate, ch'io ci pensi.「(そのことは)私に考えさせて下さい」

アマストレ
ch'il re v'inganna! 「王はあなた(ロミルダのこと)を騙している!」

セルセ
Ch'ardimento e questo? 「こいつ、何と大それた?」
★上のアマストレの言葉に対して言っています

アマストレ
ト書き(sguaina la spada e si mette in difesa)「剣を抜いて身を守り/身構えて」

ロミルダ
ト書き(ai soldati, che partono)「退場する兵士たちに」
approvera Serse il mio comando.「セルセ様は私の命令を認めてくれるでしょう」

<第14場>
アマストレ
La fortuna, la vita, e l'esser mio in eterno obbligato.
「この幸運と生命、私の存在は 永遠にあなたのおかげです」
★ロミルダの命令で兵士達の攻撃から救われたので、あなたのおかげ…と言っています。
fiamme piu gradite 「より好ましい/より願わしい 炎」

ロミルダ
Chi cede al furore di stelle rubelle, amante non e.
「星々(運命/宿命)の酷い仕打ちに屈してしまう人など 恋人の名に値しない」
★強調構文です
Trionfa in amore del fato spietato l'invitta mia fe.
「無慈悲な運命にも負けない私の誠実さが 愛で勝利をおさめる」
★全くブレないロミルダですね。(^ ^;)


[924] RE:オペ対【セルセ】第2幕 Name:トラジメーデ Date:2014/02/20(木) 22:08
REIKO様、ありがとうございます。
おかげさまで、ひとまず第2幕まで終わりました。



  



無料レンタル掲示板 1616BBS